×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花橘亭〜なぎの旅行記〜平安時代好きの京都旅行記陽春の京都逢坂の関記念公園



逢坂の関記念公園



せいしょうなごん
清少納言


清少納言


     夜をこめて
  鳥のそらねは はかるとも
    よに逢坂の 関はゆるさじ

           清少納言



■清少納言
  966年(康保3年)頃?〜?


平安時代中期の女流歌人。
清原元輔の娘。

正暦4年(993年)頃、中関白藤原道隆の娘・定子<一条天皇中宮・のちに皇后>に出仕。

宮中出仕時代を中心に著した『枕草子』が有名。
歌人としては、『清少納言集』を遺す。



歌碑 三基
蝉丸 三条右大臣 清少納言



逢坂の関記念公園に戻る



花橘亭〜なぎの旅行記〜平安時代好きの京都旅行記陽春の京都逢坂の関記念公園