×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都



新緑の京都

2008年5月18日



廬山寺
<紫式部実家推定地>


●所在地 :京都市上京区寺町通広小路上る北之辺町397
●交通 :バス「府立医大病院前」下車
⇒ 廬山天台講寺 公式サイト 




廬山寺の門

 廬山寺は正しくは、廬山天台講寺といいます。豊臣秀吉の時代に現在の地へ移りました。

 『源氏物語』の注釈書である『河海抄』に、紫式部の居宅を「正親町以南、京極西頬、今東北院向也」とあり、現在の廬山寺がある敷地が紫式部の実家跡と推定されています。




元三大師堂




説明板・歌碑の位置




紫式部 大弐三位 歌碑

 
 有馬山 ゐなの笹原 風吹けば
    いでそよ人を 忘れやはする

               大弐三位



 めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に
    雲がくれにし 夜半の月影

               紫式部


 上記の二首の歌はともに、『百人一首』に撰ばれていることで知られています。
 紫式部と大弐三位は母子の関係にあります。

 紫式部の歌の第五句は出典元の『新古今和歌集』では、夜半の月かげですが、『百人一首』では夜半の月かなとなっています。





「源氏物語ゆかりの地説明板」bR7 廬山寺
<紫式部実家推定地>

(新しいウインドウで表示)




 廬山寺の大玄関に掲示されていたポスターです。

 2008年は、「源氏物語千年紀」を記念して“匠と商人の会”によって源氏物語絵巻(朱印用)とガイドブック「紫式部・源氏物語 ゆかりの地を訪ねて」が発売されたのでした。 




ガイドブック
「紫式部・源氏物語 ゆかりの地を訪ねて」




 大玄関にて、「源氏物語千年紀記念特別観光パスポート」スタンプラリーのスタンプのひとつ「紫の上」が置いてありましたので、持参したパスポートにスタンプを押します♪




源氏物語千年紀記念
特別観光パスポート




紫の上スタンプ




「源氏物語千年紀記念特別観光パスポート」の裏面に「紫の上」(廬山寺)を押したところ。





源氏庭




紫式部邸宅址碑




源氏庭をゆったりと
眺めたのでありました。(*^-^*)



下鴨神社へ




『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都