×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」初春の京都



初春の京都
〜2007年1月14日〜


とばてんのうこうごうたまこ
鳥羽天皇皇后璋子
花園西陵


●所在地 :京都市右京区花園扇町
●交通 :市バス「花園扇町」下車 徒歩10分
:JR「花園」駅下車 徒歩10分


鳥羽天皇皇后璋子花園西陵



鳥羽天皇皇后璋子花園西陵

右側に建っている碑には、
鳥羽天皇 皇后 藤原璋子花園西陵
と記されています。

灯籠には、待賢門院陵前と記されています。


藤原 璋子 (ふじわらのたまこ)
1101年〜1145年(康和3年〜天養2年=久安元年)
鳥羽天皇の中宮。
父は、大納言藤原公実。
母は、堀河天皇・鳥羽天皇の乳母典侍藤原光子。

 幼い時に祗園の女御の猶子となり、その縁で白河法皇の猶子ともなり愛育される。
 1117年(永久5年)12月、璋子は鳥羽天皇の後宮に入内し女御の宣旨を賜った。翌年正月、璋子は皇后(中宮)に冊立され、三条西殿において立后の儀式を挙げた。
 璋子は、顕仁親王<崇徳天皇>、禧子内親王・通仁親王・君仁親王・統子内親王(上西門院)・雅仁親王<後白河天皇>・本仁親王(覚性法親王)を産んだ。
 顕仁親王が5歳にして皇位につくと、璋子は今上帝の生母であるため院に列せられ、院号を待賢門院と賜った。
 白河法皇・鳥羽上皇・待賢門院の三人は三条西殿に同殿し、熊野・東坂本・法勝寺などにしばしば一緒に御幸した。

 白河法皇の崩御後、鳥羽上皇のもとに藤原得子(のちの美福門院)が入侍し、待賢門院は法金剛院を建立し、ここで過ごすことが多くなった。待賢門院は仏法にも精進していたが、1142年(永治2年=翌康治元年)2月には落飾し法名を真如法といった。
 待賢門院は長兄・藤原実行の三条高倉第において、1145年(久安元年)8月22日、鳥羽法皇に看取られて崩じ、法金剛院の北にある五位山の花園西陵に葬られた。


 待賢門院に仕えた女房には才媛が多く、西行法師とも歌の交流があった。




今日も充実した一日でした。\(^o^)/



渉成園<枳殻邸>へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」初春の京都