×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」晩夏の京都定期観光バス

定期観光バス
京の夏の旅
宮廷鵜飼と夕景の嵐山


  夕景の嵐山散策


 自由行動の時間は、渡月亭さんの近くで和風雑貨を買ったり、渡月橋の上でぼんやり過ごしたりしていました。


大堰川

渡月橋から上流の大堰川(おおいがわ)をのぞむ。
南側の岸に嵐山、北側の岸に嵐山公園<亀山地区>があります。







大堰川


 『源氏物語』に登場する明石の君は、光源氏との間に明石の姫君を出産し、のちに明石から上京。
 曽祖父・中務宮(なかつかさのみや)の大堰川のほとりにある山荘を改修して、母の尼君と娘の明石の姫君とともに暮らします。

 まもなく、明石の姫君は実母の明石の君のもとから引き離され、紫の上の養女として育てられるのでした。


 明石の君の「大堰の邸(おおいのやかた)」モデル候補地は、私が知っている限りでも3ヶ所あります。
 もっとあるかも。(^^;)

・嵐山公園<亀山地区>のあたり
・醍醐天皇の皇子 兼明親王の山荘「雄蔵殿(おぐらどの)」
・桓武天皇の大堰離宮
 ⇒「源氏物語ゆかりの地説明板」35 大堰の邸候補地」


明石の君の系図




渡月橋

渡月橋





 対岸のどこかに『源氏物語』明石の君が暮らしたという設定なんだろうなと思いつつ景色を眺めていました。



渡月亭松風閣

指定された時間までに
渡月亭松風閣さん前に集合!

いよいよ、本日のメインイベント
宮廷鵜飼船に乗船します。三 (/ ^^)/



宮廷鵜飼船乗船へ
戻る          次へ




『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」晩夏の京都定期観光バス