×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都紫の縁おあつらえ処




むらさき   ゆかり
紫の縁 〜源氏物語の世界〜

― 京都文化博物館でび手にれる平安貴族のい ―

平成20年4月26日(土)→5月18日(日)開催




あかしのおんかた
明石御方



明石御方をイメージして制作された十二単。









襟元

唐衣(からぎぬ)のかさねの色目は「梅(うめ)」です。
梅:オモテ 白/ウラ 蘇芳





袖部分

表着(うわぎ)のかさねの色目は「濃色(こきいろ)」。
濃色:オモテ 濃紫/ウラ 濃紫





裾(すそ)部分

五衣(いつつぎぬ)のかさねの色目は「紫薄様(むらさきのうすよう)」。





後ろ姿





【参考】『かさねの色目 平安の配彩美』 長崎盛輝 著



<なぎメモ>

明石御方(あかしのおんかた)


 光源氏が明石で出会った女性。明石姫君の実母。明石の君(あかしのきみ)とも呼ばれる。明石から京へ上るが明石姫君とは幼少時に別れる。明石姫君の入内後、母子の対面を果たし後見役に。





末摘花の十二単へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都紫の縁おあつらえ処