×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都定期観光バス



定期観光バス特別コース
教科書に見る
京都・再発見
〜源氏物語〜

運行期間: 平成20年4月 5日(土)〜7月14日(月)までの土・日・月曜日・祝日
平成20年7月19日(土)〜9月30日(火)までの毎日





嵐山自由散策


大堰川

大堰川

人力車のおにいさんから声をかけられるのをかわしつつ走ります。(^^;)





おおいのやかた
大堰の邸候補地

●所在地 :右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町(宿泊施設らんざん)
⇒京都・嵐山 ご清遊の宿らんざん 公式ホームページ


大堰の邸候補地

 “大堰の邸(おおいのやかた)”は、『源氏物語』に登場する明石の君が上京後、六條院冬の町に移住するまでを過ごした大堰のわたりにある邸宅のことです。

 元々は、明石の尼君が祖父である中務宮(なかつかさのみや)から伝領した邸宅でしたが、明石の君たちが暮らしやすいように改築されました。

 明石の君と光源氏との間に生まれた明石の姫君は、帝の后(きさき)となるべく紫の上の手元で育てられることとなり、幼くして実母・明石の君から引き離されます。

 『源氏物語』<薄雲>に雪の日の母子の別離が描かれています。大堰の邸は明石の君の悲しみの舞台ともなりました。


 宿泊施設「らんざん」の西側の壁に、“大堰の邸(おおいのやかた)候補地”説明板が設置されています。


「源氏物語ゆかりの地」説明板 bR5 大堰の邸候補地
(新しいウインドウで表示)


明石の君の系図



時雨殿

説明板のお向かいは、百人一首の殿堂「時雨殿」があります。
私が以前、「時雨殿」を訪ねた様子はこちら。(2006年4月)



説明板をチェックした後、猛ダッシュで駐車場へ向かいました。
再び、バスに乗車。


バスは京都駅烏丸口へと戻ったのでありました。
楽しいコースでした。O(≧▽≦)O ワーイ♪

お世話になった方々、お会いした方々、ありがとうございました!!




京都駅地下街ポルタへ(作成中)



『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都定期観光バス