×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都



新緑の京都

2008年5月18日


京都府立鴨沂高等学校

法成寺跡

●所在地 :京都市上京区荒神口通寺町東入北側
●交通 :バス「荒神口」下車




鴨沂高等学校 校庭の塀際に
説明板と石柱があります。


 法成寺(ほうじょうじ)は、藤原道長が晩年、中川の地に建立した摂関期最大級の寺院でした。

 鴨川から見た法成寺の姿は、宇治川から見える平等院のモデルとなったともいわれています。

 藤原道長が著した日記『御堂関白記』の御堂(みどう)とは法成寺の無量寿院<九体阿弥陀堂>を指しています。




「従是東北 法成寺址」石柱




「源氏物語ゆかりの地説明板」bR6 法成寺跡
<藤原道長建立の寺院跡>

(新しいウインドウで表示)




梨木神社へ




『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都