×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都



新緑の京都

2008年5月15日


           だいりないかくかいろう
史跡 平安宮内裏内郭回廊跡


●所在地 :京都市上京区下立売通千本東入田中町(史跡指定地)
●交通 :市バス「千本丸太町」下車または「千本出水」下車


平安宮内裏内郭回廊跡

「平安宮内裏内郭回廊跡」の石柱

平安博物館(現・京都文化博物館の前身)による説明板が建てられています。


 内裏は、天皇の通常の住居ゾーンです。大内裏の中央よりやや北東に位置し、東西約212メートル 南北約303メートルの区画で築地回廊によって囲まれていました。

 築地をはさんで内郭と外郭の二重の郭があり、衛士(えじ)たちによって厳重に警護されていました。

 ここは内郭回廊の跡にあたり、「平安宮内裏内郭回廊跡」石柱の東側は、かつての内裏の中ということになります。

 内裏内郭回廊跡は国の史跡に指定されており、地下に遺構が保存されています。

≪なぎ作成:平安宮内裏図≫


平安宮内裏内郭回廊跡

「平安宮内裏内郭回廊跡」石柱の西に、京都市が設置した説明板があります。

「源氏物語ゆかりの地」説明板 bV 史跡 平安宮内裏内郭回廊跡
(新しいウインドウで表示)



下立売通

下立売通に立って東側を撮影。
平安宮内裏内を見つめていることになります。o(^-^)o





平安宮内裏蔵人町屋跡へ
平安宮内裏蔵人町屋跡


『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都