×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都



新緑の京都

2008年5月15日


          せいりょうでん
平安宮内裏清涼殿跡

●所在地 :京都市上京区下立売通千本東入田中町
●交通 :市バス「千本丸太町」下車または「千本出水」下車




「平安宮内裏清涼殿」説明板と
「平安宮内裏弘徽殿跡」説明板は
道路を隔てて向かいあって設置されています。


 清涼殿は天皇の昼の御座所です。

 清涼殿は、紫宸殿の北西、仁寿殿の西に位置し、東面して建てられていました。東庭の北に呉竹(くれたけ)、南には河竹(かわたけ)の竹台がありました。

≪なぎ作成:平安宮内裏図≫



「源氏物語ゆかりの地」説明板 bS 平安宮内裏清涼殿跡
(新しいウインドウで表示)





京都御所
東側から見た清涼殿の様子。


 『源氏物語』<桐壺>において、光源氏が12歳の時、清涼殿の東廂で元服の儀が行われました。

 また、<紅葉賀>では、光源氏と頭中将が東庭にて青海波(せいがいは)を舞っています。




平安宮内裏弘徽殿跡へ
弘徽殿跡へ



『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都