×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」初春の京都



初春の京都
〜2007年1月16日〜


いちじょうてんのうこうごうさだことりべののみささぎ
一条天皇皇后定子鳥戸野陵

●所在地 :京都市東山区今熊野泉山町
●交通 :市バス「泉涌寺道」下車 徒歩10分




鳥戸野陵参道 入り口
道中、地元の方にお会いし案内していただきました。
その節はありがとうございました。<(_ _)>


一條天皇皇后定子鳥戸野陵

一條天皇皇后定子 鳥戸野陵
醍醐天皇皇后 穏子 火葬塚
圓融天皇女御尊称皇太后 詮子 火葬塚
後朱雀天皇皇后 禎子内親王 火葬塚
後冷泉天皇皇后 歡子 火葬塚
白河天皇皇后 賢子 火葬塚
堀河天皇女御贈皇太后 苡子 火葬塚



一條天皇皇后定子鳥戸野陵

一條天皇皇后定子鳥戸野陵


藤原定子 (ふじわらのさだこ・ていし)
976年(天延4年=貞元元年)〜1000年(長保2年)
一条天皇皇后。
父は、中関白・藤原道隆。
母は、高階貴子。

同母兄弟に伊周・隆家・隆円・原子(居貞親王<のちの三条天皇>妃)がいる。
一条天皇との間に、脩子内親王・敦康親王・よし子内親王を産んだ。
定子のサロンでの生活は清少納言の『枕草子』に活写されている。



藤原定子の生涯

976年 天延4年
貞元元年
誕生。
990年 正暦元年 正月、入内。
10月、中宮となる。
993年頃 正暦4年頃 清少納言が仕えるようになる。
994年 正暦5年 2月、積善寺供養。
995年 長徳元年 正月、登華殿において一家団欒。
4月、父・道隆 死去。
996年 長徳2年 伊周・隆家兄弟が花山法皇を射る。
5月、落飾する。
12月、脩子内親王出産。
999年 長保元年 11月、敦康親王出産。
1000年 長保2年 2月、再び入内。
2月、藤原彰子が中宮になるに伴い、皇后となる。
12月15日、子内親王出産。
12月16日、崩御。(24歳)

風俗博物館展示 中宮定子
風俗博物館2005年下半期展示・中宮定子





今日も充実した一日でした!\(^o^)/



此附近白河院址へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」初春の京都