×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」[平安な秋の京都]



平安な秋の京都
〜2006年10月27日〜

定期観光バス
「源氏物語・夢の世界をたずねて」

花やしき浮舟園

●所在地 :京都都府宇治市塔の島前
花やしき浮舟園のホームページ


浮舟弁当 「浮舟弁当」をいただきます!
浮舟弁当 美味しかったです〜♪
さらに赤出汁が付いていました。
花やしき 浮舟園 真横から見た「花やしき浮舟園」さん




お昼ごはんをいただいたら、宇治川周辺自由散策です。

喜撰橋と浮島十三重塔 喜撰橋と浮島十三重塔
朝霧橋から見た宇治川 朝霧橋からみた宇治川

お天気に恵まれてよかったです。





宇治十帖モニュメン

朝霧橋を渡ったところの宇治川の畔にあります。
宇治十帖モニュメント 匂宮と浮舟

小舟に乗った、匂宮と浮舟です。
マウスカーソルをあてていただくと拡大した画像がご覧になれます。


 橘の小島の色は変はらじを
   この浮舟ぞ行方知られぬ

(橘の小島の色は変わらないでも
  この浮舟のようなわたしの身はどこへ行くのやら)

この歌により、宇治の大君・中の君の異母妹は浮舟
よばれるようになり、またこの巻を<浮舟>と名付けられました。


宇治十帖モニュメント

皮肉にも(?)、匂宮と浮舟の後ろにある屏風は
<橋姫>巻の薫が大君と中の君を垣間見るシーンです。
(国宝『源氏物語絵巻』<橋姫>と同じ構図)


宇治神社へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」[平安な秋の京都]