×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」[桜咲き誇る京都]




桜咲き誇る京都

藤原公任の朗詠谷
ふじわらのきんとう の ろうえいだに

●所在地 :京都市左京区岩倉長谷町朗詠谷

朗詠谷


和歌と漢詩の秀歌を集めた『和漢朗詠集』を編纂した藤原公任。
平安中期(966〜1041)の歌人で博学多才な人物です。

晩年をここ岩倉の地で過ごしました。


藤原公任について


朗詠谷 和歌
石碑には「朗詠谷」と書かれています。
この地は「御所谷」ともよばれるそうです。
裏面には和歌が書かれていました。


谷風になれすといかゝおもふらん
    心ははやくすみにしものを
                 公任


「後拾遺和歌集 第十七 雑三」に収められている歌です。


周辺史跡については、ヨウダさんのHP
『平安京探偵団』「岩倉に藤原公任をたずねる」に詳しいです。(^-^)/
(新しいウインドウで表示)


当サイト内、時雨殿の 大納言公任 人形を見てみる?
(新しいウインドウで表示)




クマ出没 注意

石碑の近くに「クマ出没 注意」の貼り札があったので
一人では行かないほうがよいと思われます。(^^;)


風俗博物館へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」[桜咲き誇る京都]