×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」初秋の京都



京都御所

猿ケ辻
さるがつじ

猿ケ辻

京都御所の築地塀、北東の隅は欠け込みがあります。

 東側の築地塀を南のほうへ
眺めてみるとこんな感じ。
北側の築地塀を西のほうへ
眺めてみるとこんな感じ。

東西約250メートルを
歩いたわけですね。
西側の蟇股 東側の蟇股を見ると・・・・・・
鬼門除けの猿 “鬼門除け”の猿の彫り物があります!

烏帽子姿に御幣を担いでいます。

御所の鬼門を守る
日吉山王神社の使者だそうです。
 ちなみに北側の蟇股には何もありません。 北側の蟇股
猿ケ辻の案内  京都御所の東に
「猿ケ辻」の案内板があります。


猿ケ辻について

金網が張ってあるのは、鳥避けかと
思いましたが、まさか猿のいたずら防止とは!(笑)




この後、私は“烏丸今出川”から
“堀川今出川”まで市バスに乗って
晴明神社へと行ったのでした♪



晴明神社へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」初秋の京都