×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」晩夏の京都定期観光バス

定期観光バス
京の夏の旅
宮廷鵜飼と夕景の嵐山



ほうりんじ
法輪寺

●所在地 京都市西京区嵐山虚空蔵山町68
●交通 :京都バス・市バス「嵐山」下車
『虚空蔵法輪寺』公式サイト


本堂

ご本尊の虚空蔵菩薩は京都の人々から
「嵯峨の虚空蔵さん(さがのこくうぞうさん)」と呼び親しまれています。


*法輪寺について詳細は後日追記します*


向かって左側が「牛」、右側が「虎」です。

牛 虎



多宝塔

多宝塔





法輪寺の展望台から嵯峨・嵐山を望みます。
(展望台に出ようとしたら猿が通り過ぎていきました。/笑)



渡月橋

渡月橋も上から見ればただの道路。(^^;)

遠くは大覚寺・清凉寺・天龍寺などが見渡せます。





ものすごく穏やかな顔をした羊(ヤギ?)に
見送られて、法輪寺をあとにしたのでした。



夕食「京料理 渡月亭」へ
戻る          次へ




『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」晩夏の京都定期観光バス