×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」菊花の京都定期観光バス

定期観光バス
〜源氏物語千年紀in湖都大津〜
源氏物語発祥の地
“びわ湖大津”を訪ねる



いしやまでら
石山寺

●所在地 :滋賀県大津市石山寺1−1−1
●交通 :京阪「石山寺」駅下車 徒歩10分
『滋賀県石山観光協会 紫式部ゆかりの花の寺 石山寺』公式サイト


石山寺

東大門

 建久元年(1190年)に源頼朝の寄進によって建てられ、その後、慶長年間に大修理が行われました。

 あいにくの雨模様です。(^^;)



源氏夢回廊

源氏物語千年紀ということもあって観光客が多かったです。



紫式部  千年の昔、
 紫式部によって書かれた長編小説
 源氏物語は
 ここ石山寺から誕生しました。



 源氏物語は光源氏という魅力あふれる高貴な男性と
 そのまわりの個性的で魅力的な女性たちとの物語です。
 物語は五十四帖からなり、平安朝の雅な文化がかがやく
 宮中の貴族の暮らしを通して
 どんなに時代が変わっても、愛する美しさ、
 尊さを伝えたかったのでしょうか。
 紫式部は物語完成の祈願と、その構想を練るために
 石山寺に七日間こもったと言われています。
 本堂横の「源氏の間」、
 そのときに紫式部が使用した硯は
 千年のときを経てなお鮮やかにこの物語の
 起筆の記憶をいまに伝えています。



おおつ光ルくん おおつ光ルくん

東大門をくぐると、「おおつ光ルくん」がお出迎え♪



源氏夢回廊


源氏夢回廊

 2008年3月18日〜12月14日まで『源氏物語千年紀in湖都大津』のイベントとして石山寺の“塔頭”において『源氏夢回廊』が開催されました。



硅灰石

天然記念物の硅灰石
硅灰石の上には多宝塔が見えます。



硅灰石

石山寺の「石山」は、硅灰石に由来しているそうです。




石山寺本堂へ
戻る          石山寺へ



『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」菊花の京都定期観光バス