×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都定期観光バス



定期観光バス特別コース
教科書に見る
京都・再発見
〜源氏物語〜

運行期間: 平成20年4月 5日(土)〜7月14日(月)までの土・日・月曜日・祝日
平成20年7月19日(土)〜9月30日(火)までの毎日




むらさきしきぶぼしょ
紫式部墓所


●所在地 :京都市北区紫野西御所田町
(堀川北大路下ル西側)




 紫野(むらさきの)にある紫式部の墓は、平安時代前期の官人であり、歌人、学者でもあった小野篁(おののたかむら)の墓と並んでいます。

 小野篁と聞いて、一般的に馴染み深いものといえば『百人一首』の和歌でしょうか。以下で和歌をご紹介しています。

 私としては、ここでこそ、詳しい解説をお聞きしたかったです。(^^ゞ(←あくまでも個人的な希望。) 


紫式部墓 小野篁墓
紫式部の墓 小野篁の墓

『百人一首』に収められている歌


 めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに
      雲隠れにし 夜半の月かな


                   紫式部


『百人一首』に収められている歌


 わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと
     人には告げよ あまのつり舟


             参議篁(さんぎたかむら)

生没年不詳 802年(延暦21年)〜853年(仁寿2年)



紫式部については、個人的にこちらのページでまとめています。
よろしければご覧下さい。(^o^)/




下鴨神社に戻る        泉仙≪昼食≫へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都定期観光バス