×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都



新緑の京都

2008年5月15日


          ぎようでん
平安宮内裏宜陽殿跡

●所在地 :京都上京区浄福寺通下立売上る下丸屋町(ガレージ)
●交通 :市バス「千本丸太町」下車または「千本出水」下車




下立売通から浄福寺通へ入ると石碑が見えてきます。


 宜陽殿は、紫宸殿(ししんでん)の東に位置し、紫宸殿とは軒廊(こんろう)でつながっていました。
 また、宜陽殿は綾綺殿の南に位置します。

 母屋は累代の御物を納めた塗籠で、納殿(おさめどの)と呼ばれました。

≪なぎ作成:平安宮内裏図≫


「源氏物語ゆかりの地」説明板 bP4 平安宮内裏宜陽殿跡
(新しいウインドウで表示)



■『源氏物語』に登場する宜陽殿

 <若菜上>において、光源氏の異母弟である兵部卿宮が弾いた琴は、宜陽殿の御物であると記されています。


『源氏物語』<若菜上>

 琴は、兵部卿宮弾きたまふ。この御琴は、宜陽殿の御物にて、代々に第一の名ありし御琴を、故院の末つ方、一品宮の好みたまふことにて、賜はりたまへりけるを、この折のきよらを尽くしたまはむとするため、大臣の申し賜はりたまへる御伝へ伝へを思すに、いとあはれに、昔のことも恋しく思し出でらる。


(琴は、兵部卿宮がお弾きになる。この御琴は、宜陽殿の御物で、代々に第一の評判のあった御琴を、故院の晩年に、一品宮がお嗜みがおありであったので、御下賜なさったのを、この御賀の善美を尽しなさろうとして、大臣が願い出て賜ったという次々の伝来をお思いになると、実にしみじみと、昔のことが恋しくお思い出さずにはいらっしゃれない。)


【本文・訳 引用】 渋谷栄一氏のサイト『源氏物語の世界』





ショップ&カフェ「綾綺殿」
平安宮内裏綾綺殿跡へ
ショップ&カフェ「綾綺殿」へ


『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」新緑の京都