×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」[桜咲き誇る京都]




桜咲き誇る京都

岩倉
実相院
じっそういん

●所在地 :京都市左京区岩倉上蔵町121
●交通 :京都バス「岩倉実相院」下車
京都 岩倉 実相院のホームページ


↓看板より↓
     
   実相院
(じっそういん)

 もと天台宗寺門派の門跡寺院、寛喜元年(1229)、静基(じょうき)僧正の開基、寛永年間、足利義昭の孫に当たる義尊が入寺、その後、後西天皇の皇子義延親王が入寺、以来、宮門跡が続いた。
 客殿・御車寄など、東山天皇の后、承秋門院の薨去に際し、大宮御所の建物を賜ったもので、現存する数少ない女院御所といわれている。寺宝には、後陽成天皇宸翰(しんかん)『仮名文字遣』(重要文化財)、後水尾天皇宸翰『忍』他、狩野永敬をはじめとする狩野派による襖絵を多数蔵する。

                          京都市

実相院の門 門跡寺院だけあって、厳かな感じの門です。
枯山水の石庭 枯山水の石庭。
心が落ち着きます。

(マウスカーソルを当ててみてください。)
池泉回遊式庭園  池泉回遊式庭園
 お庭を建物から見る お庭
建物 建物

風情があっていいですね。


圓通寺へ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」[桜咲き誇る京都]