×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」残暑の京都



十二単姿@なぎ

十二単で笑っています。

『源氏の部屋』の小池笑芭さんに撮影していただきました。
黒く長い髪のウイッグも笑芭さん所有のものをおかりしています。


十二単立ち姿

セットも素敵です♪


舞ってみました。(笑)

舞ってみました。(笑)



十二単 横向き



几帳から飛び出て・・・

几帳から飛び出てジャジャジャジャーン。。。



十二単



セットはこんなふうになっています。



十二単姿

唐衣(からぎぬ)と(も)をとると・・・


袿姿

・・・袿(うちき)姿になります。


 花橘のかさね
裾部分。

五衣(いつつぎぬ)と(ひとえ)は“花橘のかさね”です♪

   
五衣 淡青 <表:淡青 裏:淡青>
  <表:青   裏:青>
       <表:白   裏:白>
山吹濃くより淡く <表:薄朽葉 裏:淡黄>
山吹濃く      <表:朽葉  裏:黄>

『花橘亭』にふさわしい色目を選んで見ました。(^^)v



衣裳体験コーナーに戻る




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」残暑の京都