×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」春は名のみの京都



定期観光バス
〜義経と平家ゆかりの史跡めぐり〜


長楽寺
ちょうらくじ

●所在地 :京都市東山区八坂鳥居前東入円山町626
●交通 :市バス「祇園」下車 徒歩10分

長楽寺ホームページ
長楽寺ホームページ


長楽寺について by京都市


  壇之浦の戦いで海に飛び込んだものの、助け出された建礼門院徳子は京に戻り、長楽寺にて元暦2年(1185年)5月1日、剃髪、印誓(いんせい)上人によって戒を受けました。
 受戒の際、お布施となるものが何も無かったので、建礼門院は安徳天皇が入水するまで身につけていたという御直衣(おんのうし)を渡されました。安徳天皇が最期の時まで着ていたものなので、移り香もまだ消えていないものです。
 母である建礼門院にとって、その御直衣を手放すのはつらいことでしたが、安徳天皇の御成仏も願って、泣く泣くお布施としたのでした・・・。<『平家物語』より>

参道  門へと続く参道
長楽寺の門  長楽寺の門
長楽寺全景  長楽寺全景
広い寺域です。
相阿弥作庭苑 相阿弥作と伝わる庭苑


 この庭園を見渡せる部屋に建礼門院御影や安徳天皇御影、安徳天皇御衣幡などが展示されていました。

 安徳天皇御衣幡は、建礼門院が受戒の際、お布施としておさめた安徳天皇の御直衣を、仏前に垂れ下げる旗として縫われたものです。
 このエピソードは、『平家物語』灌頂巻 女院出家 に記されています。
相阿弥作庭苑
 鐘 鐘
 平安の滝
  名水「八功徳水(はっくどくすい)」

飲料可能だそうですが飲んでません。(^^;)
平安の滝
建礼門院御塔  建礼門院御塔
 (画像左側の塔)

 剃髪した建礼門院の髪を納めた御髪塔と伝えられています。
建礼門院御塔について
 本堂は工事中でした。 本堂


お茶とお菓子でひとやすみへ




『花橘亭』「平安時代好きの京都旅行記」春は名のみの京都