×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」[梅香る京都]



梅香る京都

〜2004年2月21日・22日〜


出発

 
 京都にある風俗博物館で「季の御読経『胡蝶』」「端午の節句『蛍』」他が展示されており、岩神座ホールでの出張展示では『紫式部日記』より一条帝による土御門邸行幸の展示が始まって間もないという2月の初旬・・・私の心は京都に行きたい〜!!!(>_<)という思いでいっぱいでした。

 そんなある日、明さんからのお電話で即刻決まった(笑)京都旅行♪
平安好きの私たちが巡った京都の旅をご案内いたします。


始発の新幹線 のぞみに乗っていざ京都へ!!

いつもはひかりを利用しているので
久しぶりに乗るのぞみに喜んでいました。(^^)v
やっぱり、のぞみはいいですね〜。
なんといっても早いし!


のぞみの座席

時間が早いので座席も空いています。

誰もいないのをいいことに自宅から持ってきた百人一首の取り札の絵を
見ながら、十二単を着たときのポーズ研究をするのでした。(笑)
(京都へ着く頃には満席状態だったので
すぐにバッグになおしましたけどね(^^;)



京都駅で明さんと待ち合わせをして
早速、風俗博物館へ参ります。(^^)


風俗博物館へ



『花橘亭〜なぎの旅行記〜』「平安時代好きの京都旅行記」[梅香る京都]